xammp環境とお名前ドットコム共有サーバー環境での注意点

wpで子テーマを作成する場合、お名前ドットコムサーバーではアルファベットの大文字と小文字を区別するが、ローカルでのxammp環境下では区別しないかため、css内でのインポートファイル名などの設定で、xammp下で動作してもサーバーにアップすると認識されないので注意が必要。

データバックアップ

システム設定 → バックアップ管理
ここからバックアップデータを作成します。

しかしこのバックアップデータは、ダウンロード機能はあるもののアップロード機能がないため、管理画面で作成したものを別の日付のものにリストアすることしかできません。
(2.11.0で確認)

バックアップデータの実データは次のディレクトリにあります。
/data/downloads/backup/

バックアップデータのデータ情報は dtb_bkup のテーブルにあります。

別のサイトやサーバよりダウンロードしたバックアップデータをリストアするには次のようにします。

dtb_bkup テーブルにデータ情報を挿入します。

INSERT INTO `dtb_bkup` (`bkup_name`, `bkup_memo`, `create_date`) VALUES
(‘【拡張子を除くファイル名】’, ‘【バックアップメモ】’, ‘【作成日】’);

バックアップファイルをダウンロードして、/data/downloads/backup/にアップロードします。

これでバックアップ一覧に表示されるようになるので、『リストア』リンクを開くことで、リストアできます。

dtb_bkup テーブルに値を挿入することが面倒であれば、次のような手順もあります。
(1) 適当にバックアップファイルを作成
(2) 別サイトでダウンロードしたバックアップファイルのファイル名をその名前に変更
(3) /data/downloads/backup/にアップロード

ただしこの場合は、バックアップ一覧に表示される作成日と実際の作成日が異なります。

またこの操作を使用すると、PostgreSQLからMySQL、MySQLからPostgreSQLのDBMS変更が容易にできます。

ECCUBEのパラメーター設定〜URLについて〜

システム設定のパラメータ設定内容をテンプレート中で参照するには。

***.tplのsmarty記述においては、

ec-cubeテンプレートsmartyについてループ内インデックス

ループ内でインデックスの値を参照する場合は、
[PHP]

 

 

    ループインデックスの値は、です。


 


 

[/PHP]
こんな感じになります。

PDSCシステム

– みるみる事業品質向上システム - 「Plan-Do-See-Checkによるスパイラル向上の仕組み」

概要
 元来、事業を達成するにおいて、行動及び活動をPDCA(Plan-Do-Chec-Action)という循環活動のスパイラルによって、行動計画を立て、推進することが良しとされ、さまざまな組織やプロジェクトでの活動規範とされ勉強会や研修会でテーマとして採用されてきた。
 しかしながら、新世紀を向かえ、混沌とした経済情勢の中で行政、大手企業を初め時代の変動に対応すべく、部門間の透明化や少数精鋭でのプロジェクト推進による情報の共有という環境下での事業効率化が図られている。
 それらの事情を踏まえると、これまでのPDCAという循環活動ではプロセスの充実化という面で、サービスの発信側による自己満足でしか改善されず、世界標準規格におけるISO9001が掲げるユーザーの立場に立った品質マネジメントの維持にも偏った方向性しか見出せない。
 その解決策として、今回、PDSC(Plan-Do-See-Check)による循環活動のスパイラルを提唱するものである。
 PDSCは、計画、行動、公開、検証である。
 これまでのPDCA(計画、行動、確認(検証)、(是正措置))では、システム全体を内製面での見直しを中心とする考え方であるのに対し、ここでのPDSCでは、「公開」という点を重視し、事業の透明化を中心に考えることで、計画、行動、検証についても、発信側のみならず受け手をも巻き込むことを想定している。
 これにより、少数精鋭でのプロジェクト推進が、一部から広域に拡大し、活動そのものが全体に浸透して行くことを狙う。
 基本的な考え方としては、大なり小なり全ての行動計画を、誰もが分かるように5W2H(When、Where、Who、What、Why、How do、How much)にまとめ、分類できるようにし、その行動結果を明確にすることで、次ステップへの分析を用意にすることに重きを置くことである。

2002年10月

会員規約登録で規約内容が1000文字入らない

規約内容が、1,000文字にいたらなくても途中で入力不可となってしまう。

data/Smarty/templates/admin/basis/kiyaku.tpl
の43行目
[php]

[/php]

[php]

[/php]
に修正。

ec-cube CSV変換 2.4→2.11

コメント欄に

を使用していると禁止タグとして弾かれてしまいます。

自力でcsv出力して、変換してcsv入力しようとしたが、下記の案内を頂いたので、試してみる。

http://xoops.ec-cube.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=7662&forum=15

に、EC-CUBEインテグレートパートナーであるサイバーウィル様ご協力のもと、以下をリリースいたしました。

・ 2.4系の顧客データ・商品データ・受注データを、1クリックで、2.11系に対応したCSV形式に出力できる
  データインポートモジュール

・ 「データエクスポートモジュール」よりダウンロードしたデータを、2クリックで、2.11系に移行できる
  データインポートモジュール

オナーズストア画面で、認証キーを設定して、購入モジュールを表示するとダウンロードできるようになっていたので、試してみる。

eclipse+php+mysql+eccubeデバッグ環境について

以下のサイト記事を参考に環境設定できました。

「Apach 、MySAQL 、PHP を Windows 環境でも開発できるように簡☆単さを重視して Eclipse の Pleiades All in One PHP をインストールします。」
1.eclipseのPHP開発環境設定
  http://oki2a24.com/2012/04/09/install-pleiades-eclipse-xampp/?preview=true

「EC-CUBE を Eclipse + XAMPP 環境にインストールするのです!」
2.eclipseへのeccube取り込み
  http://oki2a24.com/2012/04/18/install-ec-cube-in-eclipse-xampp/