サイトimagesフォルダーのURLを取得する

[imgdir]
  • ショートコードにてサイトimagesフォルダーのURLを取得する。
  • [imgdir dir="/xxx"]
    “/xxx”部でURL下のディレクトリーを指定できる。
例)
  • [imgdir]
    https://soudai.jp/wp/wp-content/themes/soudaijp2017-child/assets/images
  • [imgdir dir="/category"]
    https://soudai.jp/wp/wp-content/themes/soudaijp2017-child/assets/images/category

サイトURLを取得する

[hpurl]
  • ショートコードにてサイトのURLを取得する。
  • [hpurl dir="/xxx"]
    “/xxx”部でURL下のディレクトリーを指定できる。
例)
  • [hpurl]
    https://soudai.jp
  • [hpurl dir="/category"]
    https://soudai.jp/category

wordpressサイトの移管

wordpressで作成したサイトを移管するには、「All-in-One WP Migration」というプラグインを使用すると、コンテンツ内のサイト内リンクも移転先のurlに変換してくれる。 ●引越し元WordPressの作業  【ステップ1】WordPressにAll in one WP Migrationをインストールする  【ステップ2】WordPressのデータをエクスポートする(高度なオプションで、メディアファイルをエクスポートしないを選択)  【ステップ3】引越し元のメディアファイルをFTPでPCにダウンロードする ●引越し先WordPressの作業  【ステップ4】WordPressを事前インストールする  【ステップ5】WordPressにAll in one WP Migrationをインストールする  【ステップ6】WordPressのデータをインポートする  【ステップ7】引越し元のメディアファイルをFTPでPCにアップロードする  【ステップ8】パーマリンクを設定する

xammp環境とお名前ドットコム共有サーバー環境での注意点

wpで子テーマを作成する場合、お名前ドットコムサーバーではアルファベットの大文字と小文字を区別するが、ローカルでのxammp環境下では区別しないかため、css内でのインポートファイル名などの設定で、xammp下で動作してもサーバーにアップすると認識されないので注意が必要。